どりくらTV 56C ケアリングクラウン・ショビのワークから

| | コメント(0)
ユーモアって?笑って?どこから生まれるのでしょうか?探りましょう絵文字

ケアリングクラウンとして、そしてインストラクターとして
世界的に有名なショビ・ドビのワークショップからの体験談
「仮面は人の道化性を引き出す」の第2弾です!!


ケアリングクラウンは最近日本でも注目され始めて来ました。
ケアリングとは心身に課題や痛みを抱えている人に対して
笑いやユーモアのある時間をプレゼントするとても素敵な活動です

ショビのオリジナルな絵文字仮面をつけると自分の個性をより一層引き出されます。
より強い個性が強調された時・・・・自然と笑いが起きてきました
また仮面(マスク)を被っと時に自分が描けるキャラのイメージというのが
沸いてきてそのチャラに合わせて身体が動きます!

体験したワークでは、隣の人の動きを真似ていくという体験をしました絵文字
人真似をすることでそれは私はしないでしょう??という
動きまで出来てしまうのです。
見ている人もそのギャップで笑いが起きます。
何だか不思議です!

でもでも考えてみると日常私達の周りでも「笑い」って
こんなギャップの中から生まれていたりしますよね。
実感しました~
自分の中の道化性を発見し新しい自分へチャレンジしていきたいですね。

私達は日常、上司部下という関係性や親と子という関係性において立場にあった色々な仮面をつけて生きています。
その中でより効果的に、またより楽しく自分が選んだ仮面を
使いこなしたいですね~。

道化性を充分発揮したコミュニケーション
日常でも心がけたいです。

コメントする

ブログパーツならStickam!

このブログ記事について

このページは、DreamCraft Staffが2007年4月18日 01:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「どりくらTV 55C ケアリングクラウン・ショビのワークから」です。

次のブログ記事は「どりくらTV 57C ウガンダ・コンゴの子ども兵が教えてくれたこと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

DreamCraft
Copyright DreamCraft 2004-2007. All Rights Reserved.