社会貢献の最近のブログ記事

あなたの夢って?「地球村」高木善之さんが語ります。

夢の実現とは?「地球村」の高木善之さんのインタビュー
第2弾です。あなたの夢はさて何ですか?力強いパワーを
受け取れるはずです。。

地球の現状は今大変な事になっています。
地球は今・・・色々な環境問題が起きています。

地球村ではこのような問題に対し、自分が出来る事から
活動を始めています。
特定非営利活動(NPO)法人 ネットワーク『地球村』
http://www.chikyumura.org/

高木さんは皆さんに問いかけています。
「あなたの夢は何ですか?」っと。

「決める」とはどういう事なんでしょうか?
決めたら進むだけ。
決めてないから人は色々と悩む・・・

あなたはどんなビジョンを心に温めながら
進んでいきますか?

本当の自分って?「地球村」高木善之さんが語ります。

世の中で起きている事にあなたはどれくらい関心を持っていますか?「地球村」の高木善之さんはあなたはホントの自分ですか?と問いかけています。

地球の現状は今大変な事になっています。
地球は今・・・色々な環境問題が起きています。

地球村ではこのような問題に対し、自分が出来る事から
活動を始めています。
特定非営利活動(NPO)法人 ネットワーク『地球村』
http://www.chikyumura.org/

高木さんは皆さんに問いかけています。
「今の自分て本当の自分ですか?」っと。

人に影響され、人の反応に左右され・・・
ずいぶん余分な事で思い悩んではいないでしょうか?
囚われていないでしょうか?
こうあらねばならないと思ってないでしょうか?

その囚われを脱ぎ捨てあなた自身が
生まれながらのパワーを取り戻した時・・・

いったいどんな世の中になるのでしょうか?

心の中に種を蒔きましょう~


LOVE CHARI CAMPUS 2007 病院建設への道

LOVE CHARI CAMPUS 2007の最終回です!CUBE、堤晋一、Sifowさんなど有名ゲストが応援している病院建設。
その映像をどりくらTVでご覧ください。


高橋歩さんの「イツモ。イツマデモ。」のストーリーと

堤晋一さんの歌とのコラボ!めちゃくちゃ素敵です。

どりくらTV 64C 学生医療支援NGOの熱い想い2では
http://ameblo.jp/yumeouen

高橋歩さんのスペシャルトークを放送してます。

生きる勇気やヒント満載ですよ。

また今、カンボジアで何が起きているのか?

この現実を私達は知り、少し考える・・・

そんな時間を持っても良いのかもしれません。

自分んの心が大きく、温かくなる・・

そんなLOVEチャリの模様をご覧くださいね。

LOVE CHARI CAMPUS 2007 カンボジア病院建設への道 その4

LOVE CHARI CAMPUS 2007 病院建設への道

学生医療支援NGO GRAPHISの大規模イベントで
堤真一さんも何か出来ることがあるかもしれないよ
というメッセージを投げかけてくれてます。


堤晋一さんの歌は胸の奥へとしみこみます。

彼の語りかけは一言一言考えさせられますね。

カンボジアに病院建設??・・・ホント難しいことなのかなって?

感じる人も多いと思います。

堤さんは1人1人が出来る事ってあるのかもしれないよ!という

素敵なメッセージを投げかけています。

カンボジアってどんな国?

カンボジアで起きていることって?

カンボジアでの活動を支えている人は?

あなたの知らない現実がここで伝えられているかもしれませんよ。

LOVE CHARI CAMPUS 2007 カンボジア病院建設への道 その3


LOVE CHARI CAMPUS 2007 病院建設への道

学生医療支援NGO GRAPHISの大規模イベントで
高橋歩さんの熱いハートをトークライブで学生へ
イツモ。イツマデモ。堤真一さんライブも

自由人 高橋歩さん

脳みそスパークするような感覚

それを実現して、今を作っています。

多くの学生たちの憧れの存在であり続ける高橋さん

妻を愛し、子を愛し、仲間を愛する高橋さんから

学べるものって沢山あります。

家族が集まったものが世界

周りの人を幸せにする前に世界平和はありえない!

そう。

その通りですね。

高橋さんのホットな語りを聞いてね。


LOVE CHARI CAMPUS 2007 カンボジア病院建設への道 その2

LOVE CHARI CAMPUS 2007 病院建設への道

学生の学生による学生のためのチャリティイベント
学生医療支援NGO GRAPHISがカンボジア支援
病院建設を目標とした 大規模イベントをリポート


学生だから、今できるボランティア・チャリティを!

そう、うったえる学生医療支援NGO GRAPHIS代表 石松さん

昨年はイベント収益でカンボジアに小学校を建てました。

今年は病院建設を目指し、大規模イベントを敢行

石松さんによるチャリティイベントへの想い

そして

現地で見てきたこと、触れてきた人たちへの想い

カンボジアの貧困・医療問題、そして自らできることを

彼の言葉で語ります。

イベントではダンスコンぺ、トークライブなど

多彩なゲストのパフォーマンスやメッセージも

数回にわたってお伝えします。


LOVE CHARI CAMPUS 2007 カンボジア病院建設への道 その1


ウガンダ・コンゴの元子ども兵報告の6話目です。

10代で親殺しを背負わせて戦うことでしか生きられない環境を与える世界もあるのですね。

子どもは最も安い戦闘力として扱われています。
拉致するときには家に帰れないように親や親戚を殺すことを子どもに強要します。
そんな苦しみを体験した元子ども兵の社会復帰に取り組む人がいます。

NPO法人テラルネッサンス理事長鬼丸昌也さんの報告その6

ウガンダ・コンゴの元子ども兵報告の5話目です。

10代で親殺しを背負わせて戦うことでしか生きられない環境を与える世界もあるのですね。

子どもは最も安い戦闘力として扱われています。
拉致するときには家に帰れないように親や親戚を殺すことを子どもに強要します。
そんな苦しみを体験した元子ども兵の社会復帰に取り組む人がいます。

NPO法人テラルネッサンス理事長鬼丸昌也さんの報告その5

ウガンダ・コンゴの元子ども兵報告の4話目です。

10代で親殺しを背負わせて戦うことでしか生きられない環境を与える世界もあるのですね。

子どもは最も安い戦闘力として扱われています。
拉致するときには家に帰れないように親や親戚を殺すことを子どもに強要します。
そんな苦しみを体験した元子ども兵の社会復帰に取り組む人がいます。

10代で親殺しを背負わせて戦うことでしか生きられない環境を与える世界もあるのですね。

子どもは最も安い戦闘力として扱われています。
拉致するときには家に帰れないように親や親戚を殺すことを子どもに強要します。
そんな苦しみを体験した元子ども兵の社会復帰に取り組む人がいます。

NPO法人テラルネッサンス理事長鬼丸昌也さんの報告その3

ブログパーツならStickam!

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち社会貢献カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは一期一会です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

DreamCraft
Copyright DreamCraft 2004-2007. All Rights Reserved.